カナリヤ保育園

保育園のシステムはどれも同じように見えますが、実は保育園によって機能や体制に差があります。最もわかりやすい違いは費用になりますが、そこだけにこだわってしまうと誤った選択をしてしまうかもしれません。

料金の前に重要なのは、「何ができるか」です。カナリヤ保育園は、この「何ができるか」といった視点にこだわり、様々なシステムを導入した保育体制を行っています。ここでは、カナリヤ保育園の特徴や取り組みについて紹介していきましょう。

カナリヤ保育園の特徴

カナリヤ保育園は、お預かりした大切な子どもの安全を第一に考えた少人数制の保育園です。一人ひとりの子どもと常に向き合いながら日常保育を過ごしていきます。また、親子一緒に安心して登園できるように第二の家と感じてもらえるような保育環境に努めています。

入園対象者は、生後6ヵ月~小学校就学前までの子どもです。急な仕事や都合がつかなくなった場合も、予約の空きがあれば預かり対応が可能です。朝8:00~深夜2:00まで開園していますが、最終受付は22:00までとなっています。

導入しているシステム

・少人数制度

集団で行う保育の利点は社会性が身につけて、自立心を育てることです。しかし、集団で生活することによって一人ひとりの心や安全性が満たされることが限られてしまいます。現代は、200名近い大規模な保育園が多く、子どもの毎日の体調や状態に細かく配慮できていないのが現実です。

その点カナリヤ保育園は、少人数制を取り入れることによって柔軟な保育が保たれています。満たされる部分が多くなれば、子どもの気持ちも安定し楽しい保育園生活を送ることができるでしょう。

・看護師のいる保育体制

カナリヤ保育園には、保育士の他に看護師が常駐しています。子どもの急な発熱や怪我などに対し、即座に対応できる体制が整っているので安心です。看護師の役割は子ども達の健康管理が第一となっているため、インフルエンザやノロウィルスなどの流行性感染症の予防や指導にも専門性を発揮します。子ども達が健やかに安全に過ごすことができるよう、看護師の立場から支援することができます。

・警備会社の導入

カナリヤ保育園ではアルソック株式会社と契約しており、セキュリティに関しても万全を期しています。保育園は子どもを預かる施設として、園生活をしている子ども達を守る義務があります。万が一、施設に不審者が侵入してきた場合は、すぐに警備員が駆け付けてくれるので安心です。

カナリヤ保育園は、様々なシステムを導入し子ども達の安全・安心に努めている保育施設です。看護師・保育士と共に食育や遊びを通して、のびのびとした保育生活が送れることでしょう。

未分類

Posted by user138