マム・クラブ

最近は、プレ保育といって幼稚園に入る前の子どもを対象にしたスクールを検討する方が増えてきています。入園する前に少しずつ新しい生活に慣れていくためや、必要な力や知識を身につけていくための施設とされています。マム・クラブもまた幼稚園に入る前の集団保育をするところですが、どのような特徴や取り組みがあるのか見ていきましょう。

マム・クラブの特徴

園生活では、これから社会で生きていくために必要な経験をしていきながら自立性や社会性を身につけていかなければなりません。生活習慣では、食事や排泄、衣服や靴の着脱などの動作が必要になってきます。人との関わり方については、保育士やお友だち、地域の方とコミュニケーションを図ることが必要不可欠です。

この2つは、子ども達が将来社会に交わる上でとても重要な要素となります。幼稚園に入園する前から、できるだけ多くの人と交流を深めることによって、五感が刺激され逞しい心が育んでいくことをマム・クラブは目標にしています。

マム・クラブが取り組んでいること

マム・クラブは普段の保育生活の中に、専門の教室やイベントなどがたくさん盛り込まれています。専門講師による学びの教室は、知育玩具を使って遊んだり、外遊びを取り入れたりしながら専門性を身につけていきます。乳幼児教育で大切なことは、「三つ子の魂百まで」という言葉通り、その年齢でしか経験できない指導を促すことです。マミ・クラブは、子どもの能力開発を目的に未入園児の保育生活をサポートしていきます。

マム・クラブの教室案内

・英語教室

音を聞きわける耳ができる3歳までの間に、英語を聞き入れる習慣を身につけることができます。日本語の単語をあまり知らないうちに英語に慣れ親しんだ方が、音や動作によって英語を理解できるようになります。英語を楽しく学ぶことでバイリンガルへの近道が期待できるでしょう。

・リトミック教室

リトミックとは「良いリズム」という意味です。リズム運動をすることで精神と肉体が調和し、発達を促すことができます。情操・集中力・反応力・創造力など人間に必要な心的機能を向上することができます。

・能力すくすく教室

アート活動の中に色や形、数字、文字などあらゆる素材を取り入れて楽しく製作することを目的としています。五感をフルに活用していくことで、創造力・思考力・集中力を養うことができるでしょう。

マム・クラブは、完全予約制の保育施設です。入園前の子どもに、英語や芸術、リトミックなどの幼児教育を取り入れたい方に向けられたプレ保育となります。子どもの隠れた才能や、幼稚園での教育に向けた準備期間として入園を検討してみてはいかがでしょうか。

未分類

Posted by user138