社会福祉法人清香会

「人は誰でも心に輝く光を持っている」というテーマを掲げていることが社会福祉法人清香会の特徴です。従来までに常識だった園の概念を打ち破り、未来の常識を先取りした保育を創造することを究極の理想としており、心技体に加えて「美」を身に纏える人物を形成することに尽力しています。

社会福祉法人清香会では、3つのWINの実現に向けた事業を展開しています。

第一のWINは「子どもや保護者にとってのWIN」

これからの未来を担う子どもたちを社会の宝として捉えた上で、子どもたちが将来的に社会に大きく貢献できる人材に育てることを重要視しています。一人ひとりが自立を果たし、社会貢献できる人材に成長することによって社会は安定し、平和がもたらされることになります。

そうした子どもたちが新たに家庭を持ち、同じように子育てを進めることで好循環が繰り返され、より美しい未来を生み出すことが可能であり、それこそが子どもや保護者にとっての「WIN」になると社会福祉法人清香会は考えています。

2つ目のWINは「職員にとってのWIN」

社会福祉法人清香会に務めている職員は「新しいことにチャレンジしたい」「将来は主任や園長などより責任のある立場を目指したい」など野心に溢れた人材ばかり。職員の一人ひとりが常に向上心を持ち、自分に限界を作らずに可能性を広げ続けていますから、子どもにとっても非常に有益になることは間違いなく、保護者としても安心して預けることが出来ます。

モチベーションを維持できる環境に身を置いているからこそ、職員は仕事に対して誇りを持っており、例えどんなに小さく細かな仕事だとしても懸命に打ち込んでいます。全身全霊で仕事に取り組む姿勢を見せ続けているからこそ、職員と日々触れ合う子どもたちも大いに影響を受け、実直で素直な子どもに育つのです。

3つ目のWINは「法人にとってのWIN」

複数の園を同時経営することに対し否定的な考えを持つ保護者の方もおられますが、社会福祉法人清香会では、複数の施設を運営するからこそ確かな財政基盤を作り、事業を安定させられると考えています。

経営が安定することによって、まずは職員の労働環境が向上し、精神的にも肉体的にも余裕を持った状態で子どもたちと接することが出来るようになります。法人としても子どもたちのためになる投資を積極的に実行できますから、「法人にとってのWIN」は子どもや保護者に還元され、最高級のサイクルを生み出す基盤になっています。

未分類

Posted by user138